トップイメージ

破産承認を受けた際に、どんな損失、デメリットがありうるかは、自己破産申請を考慮した人々にとって100%1番欲しい情報に違いないでしょう。

次に破産者が避けられない不利益についての中身をまとめ書きにしておきます。

・市町村役場の破産者リストに記載されます。

※公的な身分書を出すための情報であるので普通の人は入手することができないはずですし、免責の許可がおりれば取り消されます。

・官報へ公にされる。

※一般の新聞とは違って大抵の本屋には置かれていないですし、通常の方々にはつながりのないものだと考えられます。

・公法でのライセンス限定。

※破産者になったときは法律専門家、行政書士、税理士などの有資格者は資格喪失になってしまい労働ができなくなります。

・私法でのライセンス制限。

※破産宣告者は連帯保証者、遺言執行役をやることができません。

さらに合資で立ち上げた会社の社員および株式の企業、有限会社の取締担当者、監査クラスのときは退任要素とされます。

・携帯ローンやクレジット用カードの利用ができません。

加えて、破産管財人が入る事件のとき次の限定が存在します。

・当人の財を自由に使用、廃棄することが許されなくなります。

・破産管財係や債権保持者団体の呼び出しがあれば十分な説明をしなければなりません。

・法の承認なしに自宅の移動や大型の遠征をすることは許されません。

・地方裁判所が必要であると許可したときには本人が確保されるときもありえます。

・郵便は破産管財をする人に送られ、破産管財人は届いた郵便を開封権限があります。

今まで述べた以外の自己破産者の困難で、よく誤解されている点を列挙形式にしておきます。

1謄本・住民台帳には記述されません。

2勤め先は自己破産を原因に解雇することは不可能です。

※通常、破産者から口にしないかぎり勤め先に気づかれる可能性はないでしょう。

3選挙権限や選挙権限などの権利はそのままです。

4保証役になっていないなら、血縁関係者に代わりに払う責任は存在しないです。

5最小限日常に欠かせない備品(デスクトップPC、デジタルテレビなどを含め)衣類などは差し押さえられることはありません。

破産者のデメリットに関する事項をあげました。

自己破産をすることにより返済は無かったことになるといっても以上のような困難があります。

破産を検討する上で、得も不利益ちゃんと研究した方がよいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.iphonevlog.com All Rights Reserved.