トップイメージ

自己破産の手続きをおこなっても公的な機関などから家族に直接電話がかかるといったことは考えられません。ホワイトヴェール

という訳ですから家庭にばれずに自己破産が可能だとお思いかもしれません。女の子 退院着

しかし、実際問題として、自己破産というものを行うときに公的機関などから同じ屋根の下に住む親族の月給を証する紙面や銀行の通帳の複写物などの資料の届出を要求されることがありますし、債権を持つ会社から家庭へ催促が来ることがあり得ますので、気付かれてしまい自己破産ができるという100%の保証は得られないといえるのです。

家族や親族に知らせずにしておいてそれ以降にばれてしまうよりかは、はじめから恥を忍んで真実を打ち明けて全員で自己破産というものをしていく方が望ましいでしょう。

その一方、違う場所に住んでいる家族や親類に関しては、自己破産をしたのが知れ渡ってしまうなどといったことは取り敢えずのところ考えなくて良いと理解しても良いでしょう。

夫あるいは妻の支払い義務をなくすことを目的として婚姻関係の解消を考える早まったカップルもいらっしゃるとのことですが、そもそもたとえ夫婦同士だとしても法律的には本人が書類上の(連帯)保証人という立場ではない限り民法において支払義務はあるとは言えません。

ただし、書類上の(連帯)保証人という立場になってしまっているケースならばたとえ離婚をしても保証人という立場上の責任に関しては残ってしまいますとみなされるため支払に対する強制力があると考えられるのです。

したがって、離縁することを実行したことさえすれば負債の法律上の支払義務が斟酌されるようなことはまずないのです。

さらには、債権保持者が債務をもつ人の家庭に支払いの催促を行ってしまうことがありますが保証人や連帯保証人ではないのであれば親子や弟と兄の間などという近親者間の債務などに関して当人以外の家族や親族に民法の上では支払義務はありません。

実は、業者が支払に対する強制力を負っていない近親者に向けて支払請求を実行するのは貸金業関係の法律を実施する上での行政の実務取り決め内で規制されているため請求の仕方によりますが貸金業関係の法律の支払いの請求の基準に反することにもなり得ます。

という訳ですから、法的な支払い義務を負っていないにも拘らず破産者の家族や親族が催促を受けた場合は債権をもつ取引先に対し取立てをやめるよう警告を発する内容証明を出すべきでしょう。

往々にして、借りた人当人の事が可愛そうだからと考えてしまったために本人を除く家庭が貸与されたお金を代わりに返済するという話もありますが債務を負った本人が幸運に安心して継続的に借金を引き起こしてしまうことがとても多いのです。

したがって借金を持つ本人立場で考えれば血も涙もないかもしれませんが借入者本人の自助努力で貸与されたお金を返させていくか、それが出来ないようであれば自己破産の手続をやらせた方が借金を持つ本人今後の生活を考える上では良いと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.iphonevlog.com All Rights Reserved.