トップイメージ

外国為替証拠金取引をやる面白さは単品の金融商品あるはずが、資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の期間からどの期間を選定するのかということにより出資の方策がまるっきり変わるという部分にあります。VIPライナー「グランシアファースト」は屈指の快適さ!

最初に外貨への投資の「長い期間の投資」を見てみましょう。任意整理の費用

長期スタンスというものは一年以上の長期投資を原則としているものです。ボニック

普通は為替で一年以上も経った後の為替のレートが円高なのか、ないし円安であるかを予想するということは、たいてい苦難に違いありません。アヤナス

普通の人は「後々の状況のことは未知数です」と考えるのが本当のところかと思います。

予想もできないことをがんばって予言しようと努力したところで無謀な行為なのです。

そういったことから、外国の貨幣を買った場合、価格よりも円高でもその差損分はいつか返ってくるだろうという気楽な感じで取引に取り組むのが良いでしょう。

差益を積極的に目指すよりも、別の儲け、要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのを初めのねらいにして投資してみましょう。

当然のことですが、ちょっとの間で為替変動のマイナスが大きく膨らむことがあります。

このためこういう場合のような為替差損があっても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限にトレードする心がけは肝心です。

外国為替証拠金取引(FX)は、損が一定範囲よりも更に広がると、追加保証金(追い証)が出て来たり、あるいはストップロス(ロスカット)になってしまったりします。

ストップロス(ロスカット)をしたら、即座に売買をフィニッシュしなければならず長期トレードがダメになります。

こういったリスクを回避するためにはレバレッジ2?3倍あたりでトレードするのが良いでしょう。

2番目に中期の売り買いを考えてみましょう。

中期の場合、長くて1?2ヶ月位後々を想定してのトレードを行うのです。

為替の売買の時、およそ1ヶ月ほど後のことであれば、おおよそ予知可能な場合が多いでしょう。

G7のような世界的な会議であったりマーケットで売買している人たちがどういう点に着目しているかを聞けば、おおよそ見当がつくと思います。

このような経済の基礎的条件を見る一方グラフをチェックすることによってレートのレベルを把握し売買を決定するのがいいと思います。

基本的に経済の状態とジャッジのどっちも良い感じでありもしくは買いが同様の時は、ほとんどの場合ジャッジした通りに動いていくと考えて間違いありません。

そのような時は持ち金を増やしておく事で一層大きい儲けを手に入れられるはずです。

第三に短期のトレードの重要点です。

ここでの短期スタンスは、言うなれば日計り取引を示しています。

為替で日計り取引をする際は、経済の状態はまったく関わりがないと思います。

翌日の為替の相場の変動に経済の基礎的条件は関連がないからです。

この場合の、最大の狙いどころは注目される出来事がある際、そのおかげで為替の相場が大幅に変動するチャンスを見落とさないよう取引することです。

例を挙げると、米国にて雇用の情勢が公開されるはたまた金利政策等によって金利が変化するくらいのイベント。

こんなタイミングに変化をものにするといった意味から、短期トレードでは様々な知識が必須となる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.iphonevlog.com All Rights Reserved.