トップイメージ

現実にPCの前で、止まることなく変化している為替レートをご覧になっていると何となくトレードをしなければいけないという抑えようの無い感情が沸き起こる状況も多いです。http://hutoncleaning.xyz/

だけど、はっきりしない思いつきでトレードするのだけは、絶対にしてはいけません。

分かっていると思いますが、外国為替市場は年中いかなる時でもいずれかの国の外国為替相場は変化しているし、為替相場もいかなる時でも、変動している。

そうであっても、何度も売買を繰り返していると、その分だけ損失を被る可能性が増します。

当たり前ですが、トレードの回数を積む事で勝ち負けの確率が半々になっていくのは事実です。

しかしそれは「漠然とした直感で売り買い」することとは話が異なります。

売り買いの回数を重ねる事の意味は、「ここは!」と思いついた勝算を得た状態での取引回数を積むという意味である。

格段の理由がなく、連続してトレードを重ねるのとはかなり違います。

外国為替市場の勝負に負けないためには、己で意識してけじめをつけることこそが大事だ。

「ここで勝負」と感じた外国為替市場の時には迷うことなく持っているポジションを多くして積極的に利益を追求します。

「だいぶ頭をかかえるマーケットでどう上下するのか考え付かないな」と考えた時は潔く諦めてポジションをひとつも残さないで見切りをつけて静観します。

それぐらいのリズムをつけた方が最終的には売り買いはうまくいくものだ。

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

実にその通りです。

相場とは常時ポジションを保持する事がすべてではなく、売買ポジションを持たずに静観していることも、取引です。

では、どういう場面で、休めばよいのだろうか。

最初に言われるのが前述の通り、これから先の外国為替市場が今ひとつ判断できない時です。

どうなるのかわからないような時は、分からないまま行動すると、自分自身の書いたシナリオとは逆方向に外国為替市場が変動してしまい、損をする事になります。

だから、このようなケースではポジションを減らして何もしないで見ているだけがいいでしょう。

第2に、あなたのコンディションがよくない時です。

体の調子と市場に関係がない考える投資家もいると思いますが実際には考えている以上に影響します。

健康状態が変な時は、外国為替市場の判断しなければいけないところで冷静な決定ができなくなります。

気分が乗らない時は、マーケットから目をそらす事も大事な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.iphonevlog.com All Rights Reserved.