トップイメージ

為替の介入というのは耳にした事がありますか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、報道番組、ネットなどの情報で見たみなさんもいるでしょう。過払い金 請求 借金整理

そもそも為替への介入は我が国の場合、大臣(財務大臣)円の相場の安定を保つように使う方策と見なされています。

要は、極端な円高・円安が発生すると財務大臣の指図に従って中央銀行(日本銀行)円を売買して為替の相場を安定させるということです。

外国為替市場介入(為替介入)にはいくつか種類があります。

1.単独介入・・・行政機関・中央銀行(日本銀行)が東京市場で自らが市場に参加して為替介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が相談し、各々の銀行などが資金を使いタイミングを合わせてもしくは断続的に為替介入を実施する。

3.委託介入・・・外国の銀行などに対して外国為替市場介入(為替介入)を委任する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の通貨当局の代わりに外国為替市場介入(為替介入)を行なう。

こういったやり方です。

どの種類の外国為替市場介入(為替介入)も一時、もしくは引き続き為替のレートにたくさんの影響力を与えることになります。

為替介入(外国為替平衡操作)の資金は当然ですが国の威信をかけているだけにスケールが違うのです。

円を例に考えると、普段は数銭ずつ動いている円レートが大きく変化をするのです。

投資家の方でしたら過去に経験があると思うのですが今までは順調に含み益(または損失)が多い持ち高を持っていたところで、維持している保有高が決済となりましたという通達が外国為替の会社よりEメールが・・・いくらの儲けかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済データを見ると、自らが期待していた状況とは反対の事になり息を飲んだという事例がありました。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された際に多く聞いた話なのです。

この例のように為替介入(外国為替平衡操作)を行うと、為替市場の傾向とまったく反対の変動をします。

まして動く額の大きさは非常にでかく動きますので用心が必要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.iphonevlog.com All Rights Reserved.